子供が韓国の公立小学校に入ったら同級生の親が有名俳優夫婦だった話

女優韓国生活

みなさんこんにちは、ななこです。

今日は2年前、うちの小3男子が公立小学校に入学した時のことを書こうと思います。

なんと、同級生のお父さん・お母さんともに有名な俳優さんでした。

 

入学式後の1年1組の保護者の集まりにて

同級生のお母さんが芸能人であることを知ったのは入学式の後の保護者会でした。

自己紹介をし、1年1組のバンドを作るために名簿を作っていた時のことです。

”◯◯ちゃんのお母さんの連絡先はいくらなんでもわからないようにした方がいいよね?”

という会話が始まりでした。

そこからクラスの子のお母さんが有名な俳優さんであること、とても気さくな方だということを知りました。

確かに有名人でも子供を普通の保育園に通わせ、普通に他のお母さんと接し、小学校も公立を選ぶところもそのように感じられます。

 

その日の夜に、やはり普通にバンドメンバーにその方が加わり、電話番号も普通に表示されていました。

やはり、気さくな方ですね🙂

 

女優

1年1組でキッズカフェへ

1年1組は本当に仲良しでした。

20人も集まればお母さん達も2・3人ずつに自然に別れて行動することがほとんどだと思いますが、ここは本当に最初から最後までずっと大きな輪のまま(笑)

こんな仲良しはなかなか居ません!

 

 

ある日、1年1組のみんなで集まってキッズカフェに行くことになりました。

そこにも普通にその俳優のお母さんが来るというではありませんか!

 

その時、初めてお会いしました。

 

等身大のお人形さんのような方でしたが、やはり普通に接してくださいました。

旦那さんも有名な俳優さんなので担任の先生からは子供たちに説明があったそうです。

 

色々な家庭で

👦🏻”お母さん、友達のお父さんがCMに出てるよ〜!”

👩🏻”馬鹿なこと言ってんじゃありません!!”

のような会話があったようです。

俳優CM

 

秋になり、学校主催の運動会にも夫婦揃って参加していました。

 

保護者の中にはやはり”写真を撮ってください”という方達も居ましたが、

そのような要望にもやはり快く応じていらっしゃいました。

 

写真やサインを求めることは悪いことではありませんが、最後までそれ求めず、普通に接した1年1組の保護者ってやっぱり素敵だと思います!

 

それにしてもお父さんの顔ちっさ!

そんで手足なっが!!

お母さんはお人形さんだし、テレビ見るたびに近くで見ると”向こう側にはこんな感じの人が居るのかな”といつも思って見ています🙂

 

お母さん主演の映画を見せよう!

世の中には色々な仕事がある、

同級生の家族がこんなに色々なメディアに出ていることも稀なことなので

お母さんが出ている映画を探しました。

そしてようやく無料のVODでお母さんの子役時代の映画を見つけました😯

 

今思えば苦労してVODを探さなくてもここで韓国映画充実しててしかも31日無料。。😱

 

 

 

子役時代のお母さんは同級生と本当そっくり!!

ただ映画がホラー映画で主演がお母さんで、何の役かはググってもわからない。。

だけど”おそらく幽霊に立ち向かう役だろうな”くらいの気持ちで子供に見せました。

 

そしたらまさかの・・・幽霊役〜〜!!😱

幽霊役

 

 

    やってしまった〜〜!!!

 

と思いましたが、

子供がとても気に入り、何回見たかわかりません。

今でも見たがるくらいです。

 

私にとっても幽霊がすごくかわいくて😊💕

幽霊の登場が待ち遠しい初めての新感覚ホラーでした。

それから・・・

2年生になる前にその有名人一家は遠くに引っ越して行きました。

あれからお父さんはドラマに出ているのを見かけ、元気にされているんだな、と思いました。

 

こちらでは引っ越しもお店の移り変わりも本当に多く、人との関わりも一瞬のように感じます。

田舎生まれ田舎育ちの私は、ずっと同じ人に囲まれ、半永久的に変わらない日常が繰り返されるようにどこかで思っていました。

 

そんな環境ですら、振り返ったら一瞬なんだろうなと今になって思うのです。

 

変化するのは当たり前、目の前のその人達と居られるのも実は一瞬だとわかっていたら、もっと違う接し方もできていたのではないかと最近ようやく思うようになりました。

 

ななこでした〜!


人間関係ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

 



スポンサーリンク
プロフィール
ななこ

 2009年結婚し韓国に移住。
 義実家での同居、集団モラハラ、経済的DVの中2011年なんとか出産。
 育児妨害のため2013年日本へ帰国。
 
 2015年義実家との同居を解消し、もう一度韓国へ。
 経済的DVはなくなったものの、夫からのモラハラにより鬱に。
 2年程ほとんど寝たきりに。

 町内の人々の助けもあり、見事復活!

 2019年から夫とも別居し、生活費を貰いつつ小学生の子供とのんびり気ままにニート生活を送ってます。

 韓国での日常、行ってみたカフェなんかも紹介しています。

ななこをフォローする
韓国生活
スポンサーリンク
ななこをフォローする
韓国モラハラ貧乏生活サバイバー

コメント

タイトルとURLをコピーしました