韓国で2ヶ月風邪が治らなくて言われた意外なこと

薬袋韓国生活

みなさんこんにちは、ななこです。

今回のテーマは

韓国で2ヶ月風邪が治らなくて言われた意外なこと

というテーマでお話しします。

あなたの夫は何をしているんですか

”あなたの夫は何をしているのですか?”

これが一言目に言われた言葉でした。

 

 

えっ!?

怒られるの私じゃないんだ。

 

というのが最初の印象です。

 

当時私は町内のパンを受注して各売店に運送する業者で

パンの包装のアルバイトをしていました。

パン

 

そこの職員さんがいつも隣で包装している私の風邪が治らないのがずっと気にかかっていたようです。

病院に私が付いて行きます

ここまで治らないのはおかしい。

自分がしっかり病院から説明を受けるから、

”今度医者に行くときに連絡しなさい”と言われました。

 

当時ストレスマックスだったため、免疫力が低下していたような気もします。

ソウルの男

まあ、うちの夫がブッとんだモラハラ男なわけですが

本来、夫はそういうものではないんだと言われました。

(そりゃそうだ。。)

夫のブッとび具合をまとめた記事はこちらです↓

”あなたの夫・義実家のことを韓国人の典型だとは思わないで下さい”とよく色々な人から言われます。

そしてソウルの男とはどういうものか

そのとき言われたことをまとめると

  • 妻が病気のときは病院に連れて行く
  • おかゆを食べさせる
  • 薬を飲ませる

ここまでするのがソウルの男で、あんたの夫はおかしいと言われました。

夫がおかしいのは知ってるけどね。。

 

韓国在住の日本人妻達の証言

仲良し夫婦

今私が住んでいる市内には

日本人が知っているだけでも30名くらい居ます。

たまに集まったりもしていたのですが

そういうときによく聞いたのは、

”やっぱり韓国の男性は情が違う”

ということでした。

ここはソウルではありませんが

人の気質はソウルなんだと思います。

うちだけ別の意味で違うやないか!

私が感じた”ソウルの人”の情の深さ

やはり前述の方のように

風邪が治らない人を放っておかないところや

家の事情を知っている人たちから

”同じ韓国人として申し訳なく思います”

と言われることです。

 

今まで、何も言ってないのにお花屋さんが

”先進国からこんなところに来て、大変だっったでしょう。申し訳ない”

とお花を安くしてくれたり

 

たまたまバスで横に座ったおじいさんから

”日本から来て苦労したでしょう、ごめんね”

と言われたりしました。

(本当、何も言っていない段階なのに。。)

そういうオーラ纏ってんのかな。

 

そういえば、韓流ドラマもなんだか日本のものより人間関係において2・3歩深く入り込んでいるような気がします。

日本の皆さんはどんな感覚で観ているのでしょうか。

意外かもしれませんが、私は”これあるな”と思う場面もかなりあります。

 

韓国に10年住んでいても、私が韓国人と同じように人と接することができるかと言うとそうではありません。

 

つい”ここまでしても大丈夫かな”と距離を測ってしまいがちです。

まだまだ感覚的に掴めていないこと、出来ない事も知らないことも多いと改めて思いました。

 

 

ななこでした〜!


人間関係ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

愛の不時着のヒョンビン沼にハマるもよし、トッケビのコンユー沼にハマるもよし🙂

沼なんてたくさんハマった方がいいのよ、

コロナブルーを吹き飛ばせ!

31日無料です↓



 

韓国語習得の近道は正しく発音すること。

ハングルは発音記号でもあるので正しくかけると早く上達します!

スポンサーリンク
プロフィール
ななこ

 2009年結婚し韓国に移住。
 義実家での同居、集団モラハラ、経済的DVの中2011年なんとか出産。
 育児妨害のため2013年日本へ帰国。
 
 2015年義実家との同居を解消し、もう一度韓国へ。
 経済的DVはなくなったものの、夫からのモラハラにより鬱に。
 2年程ほとんど寝たきりに。

 町内の人々の助けもあり、見事復活!

 2019年から夫とも別居し、生活費を貰いつつ小学生の子供とのんびり気ままにニート生活を送ってます。

 韓国での日常、行ってみたカフェなんかも紹介しています。

ななこをフォローする
韓国生活 未分類
スポンサーリンク
ななこをフォローする
韓国モラハラ貧乏生活サバイバー

コメント

タイトルとURLをコピーしました