韓国の保育園で学級崩壊したときの話し

保育園の担任の先生韓国生活

みなさんこんにちは、ななこです。

今日は韓国の保育園で経験した学級崩壊について書きたいと思います。

長くなるかもしれませんが、お付き合いいただけたら幸いです!

実はこの事件の前までは、韓国のお母さん達は保育園に対して干渉しすぎるな、と思っていました。でも、それは必要な事だと考え直すきっかけになった出来事です。

今は逆に、小さな干渉で防ぐことができる事故もあると思うようになりました。

よく考えると私達の学生時代も、親がもっと関心を持っていれば起こらなかった学校でのおかしな事がいくつもあったのではないでしょうか。

義実家との同居を解消し、私たちが今住んでいる町に引っ越して来たのは2014年、9月でした。

新しい家の目の前は保育園。

早速園長先生にお話を聞きに行きましたが、

そこは人気ですぐには入れませんでした。

引っ越した家から徒歩3分のところにできた新しい保育園

 

義実家との同居を解消し、私たちが今住んでいる町に引っ越して来たのは2014年、9月でした。

安いスーパー、バス停、銀行、保育園の場所、小学校の場所・・・。

慣れない土地で一から色々探していかなければいけません。

新しい家の目の前は保育園。

早速園長先生にお話を聞きに行きましたが、

そこは人気ですぐには入れませんでした。

 

そんななか、新しく建った保育園を見つけました。

 

保育園

 

早速申し込むと、”入園できる”とのことでした。

 

初日保育園に行ってみると、なんと!!

   生徒はうちの子一人!😱

二週間くらい一人でした。

 

担任の先生は妹さんがアフリカの人と結婚していたため国際家庭には理解があり、家で子供に日本語で話すことを”良いことだ”と言ってくれました。

後にも先にもそう言ってくれたのはこの先生だけでした。

数ヶ月が経ち子供にも同じクラスのお友達ができ始め、やっと保育園に慣れて来た矢先、担任の先生の息子さんが留学先で腕の骨を折る大怪我をしてしまいました。

担任の先生はその日のうちに保育園を退職され、息子さんのいる国に向かわれたため、そのままお別れとなってしまいました。

飛行機

新しい担任の先生が来てしばらくすると、今度は園長先生がアメリカに行って保育園の運用に必要な資格を取りに行くことが決まりました。

代わりに新しく来た園長先生は”カリスマ”と言われた40代後半くらいの方で、保育園のバスの運転手さんと保母さん2人を連れて来ました。

新しい園長先生のもとで始まった新学期

2015年の新学期、子供の担任の先生は新しい園長先生と一緒に来たうちの一人の方でした。

若くて綺麗な先生でした。

新学期の初日、クラス別に分かれ担任と父兄での説明会がありました。

その時に、給食を入れるプレートが配られ大論争になりました。

”以前それは保育園に置いて給食室で洗って保管すると聞いたのに話しが違う””カバンにこんな重たい物を入れて子供に運ばせろというのか”と、とても揉めました。

そんな中、担任の先生に唐突に経歴を聞き出すお母さんまで出てきました。

明らかに困った様子で”私は経歴長いです”とだけ答えていましたが、後から担任の先生が説明会の後に泣いていたことと、それからしばらく笑顔が減ったことを園長先生から聞かされました。

 

給食プレート

私は個人的に給食のプレート一枚カバンに入れること、家で洗うことがそこまで大きな問題だとは思いませんでした。プレート一枚がそこまで重たいとも思いませんでした。

そして、なぜそこまで騒がないといけないのか全くわかりませんでした。

でも、そういう意見を持っている父兄はクラスで私だけで価値観の違いにとても戸惑いました。

新しい園長先生の方針で、クラスの父兄はカカオトークでみんな繋がりました。

これが今は不法になってしまう為できませんが、後に重要な役割を果たすことになるのです。

父兄での集まり

それからしばらくして、どうしても新学期の園長先生の方針が納得いかないということで子供のクラス・空組の父兄で集まることになりました。

同じクラスのお母さんの集まりです。

そこでの内容は

●子供にクレヨンを支給すると言いながら準備物にクレヨンがあるのはどういうことか

●子供の手を拭くのは結局個人で用意したタオルなのか、使い捨てタオルなのか

●給食用のプレートをそちらで洗っていただくわけにはいかないか・ダメだとしても私たちのだけでも洗ってもらえないか(反対したの私だけ!😱)

●他の保育園と比較して授業時間に対しての授業料が割高ではないか(比較資料あり)

●何で音楽の時間ウクレレ教えるの?

という納得できないことや疑問をまとめて保育園に向かいました。

私はこの時点でヘトヘトでした。

長時間韓国語での話し合いはさすがにキツいです😵

クレヨン

こちらの意見がまとまったところで保育園に行き、空組のお母さん全員と園長先生で話しました。園長先生はひとつひとつ丁寧にこちら側の意見を聞いた後に、説明をはじめました。

●子供にクレヨンを支給すると言いながら準備物にクレヨンがあるのはどういうことか
→希望者には園からお渡ししますが、子供はみんなと一緒より自分の物を持ちたがるので変更しました。

●子供の手を拭くのは結局個人で用意したタオルなのか、使い捨てタオルなのか
→園で準備した使い捨てタオルを使ってます。

●給食用のプレートをそちらで洗っていただくわけにはいかないか・ダメでも私たちのだけでも洗ってもらえないか(反対したの私だけ!😱)
→空組さんだけ特別というわけには行きません

●他の保育園と比較して授業時間に対しての授業料が割高ではないか(資料あり)
→これよりお安くということでしたら授業を減らすことを検討します。高く設定はしていません

●何で音楽の時間ウクレレ教えるの?
→一度子供達がどれだけ楽しく学んでいるか見に来てください

 

この時点では個人的には園長先生が気の毒だったし、空組のお母さんはモンスターペアレンツではないだろうかとさえ思っていました。

ある日のカカオトーク、グループチャット

お母さんたちと園との間には色々ありますが、子供たちは仲良くしていました。

担任の先生が美人だったからか、うちの子ときたら。。

トイレを先生に黙ってこっそり行っていたのも、後にも先にもその時だけです。

先生が大好きだったんだと思います。

その頃、うちの子はちょこちょこ問題行動を起こしていました。

集合写真は白目を剥いて舌を出す。😱

大人しいお友達に向かって急に大声を出して驚かす。😱😩

大好きなお友達についてまわり、怖がらせるなど。。😔

うちの子に毎回驚かされている大人しいお友達のお母さんからは、”お陰様でうちの子も逞しくなったし、感謝しているよ”と言われ、ついてまわったお友達のお母さんからは”お子さんを責めないでください。私は自分の子供が色んな子供と接するのを望んでいます。気にしないで下さい”と言われました。

この頃からあれ!?最初の印象と全然違うぞと思い始めていました。

6月上旬あたりからは園長先生が早く帰るところを何回か見かけました。

そして6月下旬のある日、”今日先生が来なかったって子供が言ってる”と空組のカカオトークのグループチャットにメッセージがありました。

何人かの子供の証言から、本当のことだと判明しました。

そして、その日園長先生・園長先生と一緒に来たバスの運転手さん・空組の担任の先生・横のクラスの先生の4人が辞表を机に置いて出勤して来なかったことを知りました。

辞表

後でお話しの上手な子供達に聞くと、その日は急遽副園長が空組を担当したとか。

学級崩壊

”なぜ説明が保育園から一切なかったのか”

”なぜ理事長からの謝罪がないのか”

謝罪や説明があれば、学級崩壊は起きませんでした。

でも、残念ながらこちらから聞くまで説明も謝罪もありませんでした。

空組のお母さんたちは、空組のお友達とずっと同じ組で居たかったのです。

なのに保育園がもう信用できない!

空組の子供達全員を他の保育園で受け入れてもらうことは、もちろん不可能。

 

どうしたらいいのだろう。

 

この頃、毎日毎日何十通もカカオトークの空組のグループチャットでのやりとりがありました。

スマホ

みんな毎日泣いていました。

妊娠しているお母さんも居て、みんなが心配して居ました。

結果、空組は一人残らず全員保育園を去りました。

それぞれ新しい受け入れ先を探して。

空組のお母さんたちへ思ったこと

母と子供

最初のモンスターペアレンツに見えた行動は攻撃的なわけではなく、みんなが子供を守ろうと必死な姿でした。

こんなことが起こるから、あのくらい気をつけないといけなかったと知りました。

よくわからなくて誤解して本当に申し訳なかったです。

でもこんな私と仲良くしてくれたこと、子供を可愛がってくれたことに感謝しかありません。

そして、クラスで一人外国人の私をいつも気遣ってくれました。

 

子供達の新しい受け入れ先が決まっても、まだまだ保育園との戦いは続きました。

続きです↓

 


生活・文化ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



 

スポンサーリンク
プロフィール
ななこ

 2009年結婚し韓国に移住
 2011年長男出産

 40代A型、しし座
 オリーブヤング愛好家
 
 街歩きと食べることが大好きです!
 1年のうち357日は食べたいと痩せたいの間で心が揺れています。
 主に韓国生活を通して、自分が体験したことを発信していきます!

 
 

ななこをフォローする
韓国生活
スポンサーリンク
ななこをフォローする
ゆるめの韓国生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました