済州島の女だから・・・

悲しみ韓国生活

みなさんこんにちは、ななこです。

今日は以前住んでいた義実家の向かいの家のことを書こうと思います。

 

向かいのおばさんのことをたまに思い出してしまいます。

 

義実家向かいの家は連れ込み旅館

7年ほど前まで私は義実家に住んでいました。

周辺は飲み屋や連れ込み旅館が多く、とても治安は良いとは言えないところでした。

 

常に道端には焼酎の割れた瓶。

朝には傷だらけの酔っ払いがその辺で寝ていることも。

 

義実家の隣はムダン、日本で言うイタコで夕方になるとよく太鼓の音が鳴っていました。

向かいの家は連れ込み旅館で、同じ4階建て。

たまに洗濯物を干す時に屋上で隣のおばさんと顔を合わせると、よく育ったミニトマトなんかを投げてくれました。

ミニトマト

向かいの家の変態兄さん

向かいの家には、おじさん夫婦と息子が一人いました。

いつも自分で裾を山型にカットしたようなTシャツを着て町内を徘徊し、コンビニの前に立っては

”1000ウォンくださ〜い”

とタバコを買うために、道ゆく人に声をかけていました。

 

聞けば私と同じ年!

 

私はその人が家の鍵を開ける時に背後に立たれるのが嫌だったし、例のコンビニの中でベタ〜っと腕を触られ、

”何しとんじゃコラァ!!”

と日本語で怒鳴ったこともありました。

変態兄さんが変態になった理由

変態兄さんははっきり言って変態です。

そのままですが、変態です。

 

でも、おかしくなった理由を聞くと胸が締め付けられます。

 

3ヶ月の赤ちゃんの時に泣き止まず、うるさいからと

実の父親に投げられたそうです。

その時頭を打ったとか。。

 

でもお勉強だけはできて、学校の成績はよかったそうです。

向かいのおじさん

子供をそんな目に合わせておいて

向かいのおじさんは何をしているのかと言えば、

町内を自転車で徘徊するのみ。

いや、見た感じですがね。

それでも多分生活のほとんどがそれのよう。

連れ込み旅館はほとんどおばさんが見ている感じでした。

自転車

向かいのおばさん

向かいのおばさんを外で見かける時はいつもしゃがんで

段ボールを集めていました。

集めて持って行けば少しですがお金になります。

 

おばさんは後妻だそうです。

 

はるばる済州島から来て

子供を産めば投げられ

後遺症の残った子供のために常に働いていました。

 

どうやったって自分が先に死ぬから、

残してあげられるものは残してあげたいというのもあるようです。

 

一人息子である変態兄さんが、近所の女の人を触って歩くのも知っています。

性犯罪だけは起こさせないようにと、お金を渡していたようです。

 

町内の人はおばさんのことを

”やっぱり済州島の女の人だね”と言います。

 

済州島の女の人はよく働くのだそうです。

 

5年前くらいに向かいの家から町内のどこかに引っ越したことは聞いたし、それから段ボールを集めているところまでは見かけたことがあります。

段ボール

 

それからしばらく見ない日が続き、

おばさんが具合が悪いことを聞きました。

 

それが最後の消息ですが、大変な中いつも笑顔だったおばさん。

私が妊娠中、辞書を引きながら一生懸命つけた息子の名前をとても褒めてくれたことをよく思い出します。

子供の名前を義兄にけなされすぎた時に、おばさんが褒めてくれたことは私の大きな心の支えでした。

今はお目にかかれませんが、おばさんのことを思い出すたびに「元気でいらっしゃればな」と思います。

 


人間関係ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーリンク
プロフィール
ななこ

 2009年結婚し韓国に移住
 2011年長男出産

 40代A型、しし座
 オリーブヤング愛好家
 
 街歩きと食べることが大好きです!
 1年のうち357日は食べたいと痩せたいの間で心が揺れています。
 主に韓国生活を通して、自分が体験したことを発信していきます!

 
 

ななこをフォローする
韓国生活
スポンサーリンク
ななこをフォローする
ゆるめの韓国生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました